特徴的な事例

HOME > 特徴的な事例



平成27年度「特徴的な事例」選定基準

地(知)の拠点整備事業のフォーローアップの1つとして、毎年度、各大学等が学生、教職員、連携自治体に対して実施するアンケート調査において、数値が上昇しているCOC採択機関に対し、インタビューを実施しましたので「特徴的な事例」としてご紹介させて頂きます。

地域志向科目受講者の深化度が上昇していた機関

平成26年度アンケート設問のうち、「【学生向け】地域志向科目を受講した結果、課題を含めた地域の現状を把握するとともに、地域の課題解決に役立つ知識・理解・能力は深まりましたか」において“はい”と答えた割合を年度別比較した際、平成25年度より数値が上昇していた機関より選定。

地域志向教育・研究ともに参加教員の割合が上昇していた機関

平成26年度アンケート設問のうち「【教員向け】当該大学が「地域のための大学」として、地域を志向した教育・研究に参加していますか」“教育研究ともに参加している”と答えた割合を年度別比較した際、平成25年度より数値が上昇していた機関より選定。

地域志向研究参加教員の割合が上昇していた機関

平成26年度アンケート設問のうち「【教員向け】当該大学が「地域のための大学」として、地域を志向した教育・研究に参加していますか」において“研究のみ参加している”と答えた割合を年度別比較した際、平成25年度より数値が上昇していた機関より選定。


平成28年度「特徴的な事例」選定基準

実際の現場でCOCに深く携わっておられる各機関のご担当者様が注目している、また、参考にしたいCOC機関とその取組みを挙げてもらい、現場からのニーズをもとに選定し、インタビューを実施しましたので「特徴的な事例」としてご紹介させて頂きます。


特徴的な事例一覧

▲ページのトップへ