JR東日本との協働事業「YOKOSO NIPPON Project」で報告会

HOME > JR東日本との協働事業「YOKOSO NIPPON Project」で報告会


    YOKOSO NIPPON Project

    杏林大学

    JR東日本との協働事業「YOKOSO NIPPON Project」で報告会

     本学はJR東日本の八王子支社との協働事業として、海外からの観光客への対応やサービスの向上、観光情報の発信に力を入れるプロジェクト「YOKOSO NIPPON Project」を進めています。
    2016年から始まったこのプロジェクトには、本学から外国語学部の古本ゼミと総合政策学部の久野ゼミの学生達が参加しており、第6回の報告会が3月8日、JR東日本八王子支社で開かれ、約70名が出席しました。
     プロジェクトに参加した学生たちは、今まで接することのなかった社会人との共同作業で、仕事のやり方や考え方など、多くのことを学ぶことができたと感想を述べていました。
    報告会では最後にJR東日本八王子の坂本浩行支社長が「どの発表もよく練られていて大変参考になりました。学生達の視点は非常に新鮮で、社員にも刺激になったので、これからも継続的に協力を続けていきたいと思います」と挨拶しました。
     本学とJR東日本八王子支社との協働はこれでいったん終了となりますが、「YOKOSO NIPPON Project」は2020年まで続きます。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ