日本遺産を学ぶ 「国際社会実習」のご報告

HOME > 日本遺産を学ぶ 「国際社会実習」のご報告


    国際社会実習

    高知大学

    日本遺産を学ぶ 「国際社会実習」のご報告

    高知大学では、地域を知る・地域と出会う・地域を体験することを目的にした地域志向科目を増やしています。
    2017年4月、「森林鉄道から日本一のゆずロードへ:ゆずが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化」と題したストーリーが日本遺産に認定されました。本実習では、この日本遺産に認定されたストーリーを出発点とし、そこには十分に描かれていない地域住民の個別具体的なストーリー(サブストーリー)をインタビュー調査をから掘り起こし、地域活性化につなげることを目的としています。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ