大分県立看護科学大学

HOME > 大分県立看護科学大学

看護学生による予防的家庭訪問実習を通した地域のまちづくり事業

大分県立看護科学大学

 本学が隣接する地域では、高齢化が進み、高齢者の閉じこもりや老介護などの課題に直面している。  孤立化する高齢者への対策として、大学COC事業で予防的家庭訪問実習を新設し、看護学生による高齢者へのアウトリーチを開始し、段階的に進めている。  平成25年度にはテスト訪問を開始し、コロラド大学名誉教授を招聘、指導を受けながら、平成27年度にはカリキュラムを刷新(必須科目)した。  平成27年度からは、1年〜4年の縦割りでチームを編成(基本的に、各学年1人の計4人で1チーム)し、全学で80グループを構成し、協力者宅に1ヶ月〜2ヶ月に1回の訪問を実施している。  平成28年度4月からは、予防的家庭訪問実習の本稼働2年目が開始している。



成果報告書(年報)

平成25年度事業報告書(PDF:2.21MB)

平成26年度事業報告書(PDF:18.64MB)

平成27年度事業報告書(PDF:9.31MB)

平成28年度事業報告書(PDF:7.03MB)



大学名 大分県立看護科学大学
担当部署 看護研究交流センター
住所 〒870-1201 大分県大分市大字廻栖野2944-9
電話番号 097-586-4346
FAX番号 097-586-4347
連携自治体 大分県大分市
このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

その理由:
お探しの情報はみつけやすかったですか?

その理由:
▲ページのトップへ