YFL 200番科目「アントレプレナー養成講座(周防大島)」にて受講生が起業プラン発表!

HOME > YFL 200番科目「アントレプレナー養成講座(周防大島)」にて受講生が起業プラン発表!


    YFL

    山口大学

    YFL 200番科目「アントレプレナー養成講座(周防大島)」にて受講生が起業プラン発表!

     平成29年9月29日(金)、10月14日(土)・15日(日)、11月23日(祝・木)の4日間に渡って、「アントレプレナー養成講座」(担当教員:林透(山口大学)、大野圭司(株式会社ジブンノオト代表取締役)、前田瞬(徳山大学)、岡野内悟(大島商船高等専門学校))が山口大学吉田キャンパス及ぶ山口県周防大島町を舞台に開講されました。
     10月14日(土)には、山口大学13名、徳山大学7名の合計20名が山口大学吉田キャンパスに集まり、大野圭司氏が講師となり、大野先生自身が起業に至った経緯、今の時代においての起業のメリットなどを学びました。その後、googleをもとにケーススタディー、「学校祭で出店するならどんな店?」といったグループワークを行い、発表することで起業の際の考え方を学びました。
     10月15日(日)には、“起業の島”周防大島に訪問し、起業家取材を行いました。養蜂業とカフェを営んでいる「株式会社KASAHARA HONEY」代表取締役社長・笠原隆史氏、海産物を利用した食品製造業を経営している「株式会社オイシーフーズ」代表取締役・新村一成氏を訪問し、起業の経緯や現在の経営状況などについて説明を受けた後、質疑応答を行いました。起業家取材の後、受講生は2社を比較しながら、SWOT分析を行いました。
     最終日の11月23日(祝・木)には、再び周防大島を訪問し、My Business Model(起業プラン)大学生プレゼンテーション発表会と称して、山口大学生13名が考案した起業プランを各7分間の制限時間で発表しました。当日は、周防大島町役場関係者、NPO法人・島スクエア関係者、久賀小学校教員、大島商船高等学校生、起業家の方々10名にお越しいただき、受講生の発表を聴いていただきました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ