各高等教育機関が協働して作りこんだ3つのPBL型集中講義

HOME > 各高等教育機関が協働して作りこんだ3つのPBL型集中講義


    講義の様子

    三重大学

    各高等教育機関が協働して作りこんだ3つのPBL型集中講義

    3つの分野(食と観光、次世代産業、医療・健康・福祉)に特化した授業

    平成29年8月〜9月にかけて、3つのPBL型集中講義(食と観光実践、次世代産業実践、医療・健康・福祉実践)を開講しました。三重県における3つの重要分野(食と観光、次世代産業、医療・健康・福祉)に特化し、実際の現場におけるフィールドワークやグループ学習等、主体性や協調性を養う授業です。大きな特徴として単位互換制度と異なり、各高等教育機関で担当教員を設けることで、各機関が責任を持って学生を養成できることにあります。各高等教育機関の教員が協働して一から作り込みを行った科目であるため、各機関の学生が受講しやすい日程を協議し、各機関の教員が協働して指導を行う等、全国的に見てもあまり例のない授業が出来上がりました。



    講義の様子1 講義の様子2 講義の様子3 講義の様子4 講義の様子5


    詳細はこちら




    学生の声

     
    ・普段とは違って、体を動かしたり、特別講師の先生のお話を伺えたのは新鮮味があって楽しかったです。

    ・少人数のなかで自分の意見を言いつつ、上手く他のメンバーの意見を噛み砕いて、まとめる力が身についた気がします!
     


    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ