2年間でできる「がばいベンチャーの作り方」鍬・

HOME > 2年間でできる「がばいベンチャーの作り方」鍬・


    がばいベンチャーの作り方

    佐賀大学

    2年間でできる「がばいベンチャーの作り方」鍬・

     佐賀大学では、地元就職意欲の向上に繋がる教育改革を推めるにあたり、平成28年4月からインターフェース「がばいベンチャー」を開講しています。この授業では、株式会社オプティム 社長 菅谷俊二をはじめとする企業スタッフが講座を担当し、2年間に渡ってアントレプレナーシップ、プログラミングなどを身に付けます。
     14.15回目の授業では、実際にアプリを起動させて問題点を見つける実践をしました。
     後期の「がばいベンチャーの作り方」犬任蓮開発アプリの全貌や新たな課題に取り組んでいきます。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ