「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業シンポジウム」開催

HOME > 「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業シンポジウム」開催


    鳥取大学

    「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業シンポジウム」開催

    8月8日(水)、鳥取大学COC+教育プログラム開発委員会が主催する「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業シンポジウム」が開催され、来賓ならびに本学の関係者等、約80名が参集し盛大裡に終わりました。
    本シンポジウムはCOC+事業のFD(Faculty Development)活動の一環として開催されたものであり、各教育機関の関係者が一堂に集まり、相互理解を進めることを目的としています。
    平成27年度からスタートした地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)も4年目に入り、他大学や、県内の各高等教育機関でのCOC+事業の進捗状況を確認する上で、大変有意義であったと思います。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ