【島根大学:加藤香穂さん】地域未来創造人材の育成を加速するオールしまね協働事業

HOME > 【島根大学:加藤香穂さん】地域未来創造人材の育成を加速するオールしまね協働事業


    取組内容

    オールしまねCOC+

     島根大学で取組むCOC+事業では、全国から注目される課題先進県で学ぶという「地の利」を活かした【地域志向教育(COC)】と、所属学部で身につける高度で実践的な専門性を社会で活かすためのキャリア教育の刷新【キャリアデザインプログラム(CDP)】に取り組んでいます。
     CDPは、キャリア/ローカル/グローバル/ダイバーシティ等をキーワードにした対象授業科目やセミナーを通じたOn Campusの学びと、地域の人と取組む各種プロジェクトやインターンシップ・海外留学など大学の外で学ぶOff Campusの学びで構成され、 「何になりたいか」ではなく、「どんな生き方をしたいのか」「何を実現させたいのか」をじっくりと考えることを第一にしています。このCDPを地域と協働で実行していくため、「しまね大交流会」や「しまね協働教育パートナーシップ」などのプロジェクトが同時に進行しています。

    概要図

    学生インタビュー

     

          名  前   ≫ 加藤 香穂(かとう かほ)

      大学/学部学科/学年 ≫ 島根大学/生物資源科学部生物科学科/3年生
       
          出  身   ≫ 岡山県

         好きな食べ物  ≫ チョコレート

         座 右 の 銘 ≫ 『夢を持つのではなく目標を持て』

          趣  味   ≫ 裁縫





    INTERVIEW

    この取組みに参加した学生からお話を聞きました






    大学進学で初めて訪れた「島根県」



    Q.あなたが初めて参加した「しまね大交流会」について質問です。
     この取組みに参加したきっかけを教えて下さい。

    A.初めてしまね大交流会に参加したのは大学1年生の後期で、その時に履修していた一般教養科目「地域未来論」と「島大ミュージアム学」の講義
     で案内があったので参加しました。
     私は岡山県出身で大学進学を機に島根県に移住しました。同じ中国地方ですが、実はそれまで全く島根県に行ったことがなく、出雲大社がある県
     ということしか知りませんでした。また、移住後、慣れない地での慣れない大学生活を送るだけで精一杯となっていたので、島根県のことを知ろ
     うとも知りたいとも思わず、愛着や関心もありませんでした。
     そんな状態でしたが、しまね大交流会で県内の企業や他大学の取り組みを知ったり、企業の方々と出会ったりして、島根県には面白い取り組みを
     している熱意ある企業がたくさんあることに気付きました。それをきっかけに島根県に対して関心をもつようになり、島根のおもしろい人に出会
     いたいと思うようになりました。



    1

    気付きのきっかけになった「しまね大交流会」





    気が付くと、この地が好きになっていた



    Q.これまでの活動で、特に印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

    A.大学2年生の後期に参加した「ベンチャーキッズスクール」が特に印象に残っています。この取り組みは出雲市さんと株式会社島根イズムさん
     が提携して行っており、出雲市内の小学5・6年生が地元企業と協力して製品の企画・製造・広告・販売をしていくといったものです。私は子ど
     もたちのサポート役として参加しました。
     この活動に参加して一番嬉しかったのは、他の子ども達と馴染めずになかなか作業が進まなかった子が、私のアドバイスなどで、次第に他の子
     達とも仲良くなり楽しそうに作業を行っていくようになったことです。また、いろいろな業種の人たちと出会えたことも嬉しかったです。子ど
     も達、出雲市職員の方、島根イズムの方などなど様々な方と出会えました。
     そして、島根県内の企業や子ども達と関わることで、だんだんと島根県を好きになっていくきっかけにもなりました。



    2

    ベンチャーキッズスクールが出店した「いずも産業未来博2017」





    色んな価値観を受け入れること



    Q.これらの活動に参加することで、あなたはどんな風に成長できたと思いますか?

    A.これまでの活動を通して、人の意見や価値観に寛容になり、物事を多角的に見る事ができるようになりました。
     以前の私は自分の意見が一番でいいもので、自分の価値観と合わないものは受け入れずに排除するだけでした。そのため、人と衝突することも多
     々あり、良好な人間関係をなかなか築けませんでした。そんな私でしたが、「ベンチャーキッズスクール」「六次産業化プロジェクト稗原マルシ
     ェ」などに参加して、様々な年齢層の方や様々な価値観を持った方と関わりあい、自分にはなかった物の見方・考えた方に触れる機会が多く、そ
     のたびに感心しました。すると、私自身の考え方もかわり、自分とは違う意見ほど受け入れ、そして自分の意見も取り入れて物事を見ていくこと
     が大切であると思うようになりました。
     これは、将来社会に出て仕事をしていくうえでも重要ですが、それ以前に人間関係を築いていく上で重要なことであるので、それに気づけて良か
     ったです。



    3

    六次産業化プロジェクト「裨原マルシェ」





    案ずるより産むが易し!



    Q.最後に一言おねがいします。

    A.何かを新しく始める時は、本当に自分に出来るのか、学業や部活動・サークル活動と両立できるのかなどを考えて不安なってしまい、なかなか一
     歩踏み出すことが出来ません。迷ったり不安に思ったりするのは悪いことではないと思います。その不安を払拭するためにも、少しでも興味もや
     る気もある時は、とりあえず行動に移してみるのもいいと思います。行動に移すと、やらなければならないことができるので、それをこなしてい
     く方が大変になり、不安も忘れてしまいます。案ずるより産むが易しです。
     しかし、行動から入るときには活動の振り返り(成果・反省)をしっかりすることが大切だと思います。活動をしたその日のうちに、活動の意義
     ・目的を把握し、自分の活動態度はどうであったか、そして何を得たかなどを記録するといいと思います。
     そうすることで、活動によって自分の成長をより感じられると同時に、自分に自信を持てるようになると思います。



    4

    たくさんの人達と学ぶ「キャリアデザインプログラム」



    参考資料/関連Webサイト


    【関連資料】


    「パンフレット」地域協創人材教育プログラム(PDFファイル:6.81MB)


    【関連Webサイト】

    ・オールしまねCOC+情報ポータルサイト(Web)はこちら

    ・島根大学キャリアデザインプログラム(Web)はこちら

    ・島根大学キャリアデザインプログラム紹介動画(YouTube)はこちら



     

    こちらに掲載されている大学の取り組みに興味のある方や、記事の内容に関するお問い合わせは、こちらまでお願いします。

    島根大学 地域未来協創本部
    地域人材育成部門 担当:高須佳奈

    TEL 0852-32-9818

    FAX 0852-32-9816

    E-MAIL k-takasu★edu.shimane-u.ac.jp

    (メールを送るときは、★を@に変えてください)

     

     

     

     

     



    Adobe Reader

    PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
    「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ