くろさか春夏秋冬セミナー”夏”「いのちの授業&ラフティング」を行いました

HOME > くろさか春夏秋冬セミナー”夏”「いのちの授業&ラフティング」を行いました


    鳥取大学

    くろさか春夏秋冬セミナー”夏”「いのちの授業&ラフティング」を行いました

     8月22日(水)にくろさか春夏秋冬セミナー”夏”を実施しました。
     第3回目は日野町教育員会協賛で、根雨小学校・黒坂小学校の「夏休みこども教室」の参加者を対象に「いのちの授業」と「日野川ラフティング」を行いました。今回の目的は、地域の子どもたちとの交流を深め、食育・高齢者体験・車椅子操作について子どもたちへの授業を通して学びを深めることです。
     いのちの授業のテーマを「学ぼう!食べよう!思いやりッ!」とし、食育に関するクイズ、高齢者体験、車椅子体験を行いました。高齢者体験では、色盲や視野狭窄を想定した手作りのゴーグルと大人の軍手を装着してビーズつかみを実施し、車椅子体験では車椅子に乗車する立場・操作する立場の両方を体験してもらいました。準備期間が短く、反省点もありましたが、今後につながる貴重な体験となりました。
     また、ラフティング(川下り)体験では、日野川の大自然を体感することができ、仲間や地区の子どもたちとの交流を深めることができました。



    学生の声

    ・クイズの時の小学生への問いかけは良かったと思う。
    ・知識、説明不足で高齢者はこんな風に感じるんだよ、という説明がしっかりできなかったし、道具の説明もしっかり行えなかった。
    ・子どもたちのほとんどが車椅子に親しんでいて、基本的なことは知っていたので、段差やスロープなどの応用問題に興味を持っていたのかもしれないと感じた。
    ・事前準備・シミュレーションの大切さがよく分かった。




    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ