山口県庁課題解決型インターンシップ(PBI)「若者の投票率をアップさせよう!」を実施しました!

HOME > 山口県庁課題解決型インターンシップ(PBI)「若者の投票率をアップさせよう!」を実施しました!


    山口大学

    山口県庁課題解決型インターンシップ(PBI)「若者の投票率をアップさせよう!」を実施しました!

    2018年8月22日(水)、27日(月)、30日(木)、9月5日(水)の4日間に、YFL育成プログラム300番科目課題解決型インターンシップ(PBI)「若者の投票率をアップさせよう!」を実施しました。
    COC+事業協働校である山口大学、山口県立大学、山口学芸大学から12名の学生が参加した本PBIでは、18歳に比べて19歳の投票率が低く、若年層全体の投票率が低い傾向が続いているという課題に対して、低投票率の原因考察と投票率向上のための効果的な選挙啓発プラン作成に取り組みました。投票率が低い要因を4つに分類した上で、各要因に対して4名の班を編成し、各班にて課題解決に向けたプランの作成を進めました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ