【開催報告】長門市役所課題解決型インターンシップ(PBI)〜長門市内企業の魅力の掘り起こしと情報発信

HOME > 【開催報告】長門市役所課題解決型インターンシップ(PBI)〜長門市内企業の魅力の掘り起こしと情報発信


    山口大学

    【開催報告】長門市役所課題解決型インターンシップ(PBI)〜長門市内企業の魅力の掘り起こしと情報発信

    文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の取組の一環として、YFL育成プログラムの300番科目「課題解決型インターンシップ(PBI)」を長門市において、「若者の目線で長門市内の企業の魅力を取材・発見」と「キャリア教育プログラムの実践」をテーマに実施しました。(※PBI:Project Based Internship)

    この取組は、8月8日(水)〜10月20日(土)までの8日間、行政機関である「長門市」、産官学金連携による人材育成を目的として活動する「NPOつなぐ」が連携して行うまちづくりに、学生が参画して実施したものです。
     
    本PBIには、山口大学・山口県立大学から5名の学生が参加し、「将来、山口県で福祉職に就きたいため、地域を知り、自分に何ができるか考える機会にしたい」「プログラミングを活用した魅力的な教育プログラムを学びたい」などの目的を持って実習に臨みました。

    学生たちは、COC+事業協働企業あり、地元企業の「ヤマネ鉄工建設株式会社」、「株式会社油谷湾温泉ホテル楊貴館」を始めとする5社の取締役の方々や、長門市内で創業した5社の方々を訪問してインタビューを行い、学生ならではの観点から、編集に取り組みました。
     
    学生が作成したものは、校正を経て「NPO法人つなぐ」のホームページや、実際に、長門市へのUIJターンを検討している方に向けて発信される創業冊子に掲載する予定です。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ