2018年度 おおいた創生シンポジウムを開催しました

HOME > 2018年度 おおいた創生シンポジウムを開催しました


    大分大学

    2018年度 おおいた創生シンポジウムを開催しました

    平成31年1月29日(火)、九州電力株式会社大分支社 本館2階大ホールにて、「2018年度おおいた創生シンポジウム」が開催されました。

    本シンポジウムは、大学等による「おおいた創生」推進協議会がCOC+事業の一環として平成28年度から大分県の支援で実施している「地方創生大学等連携プロジェクト支援事業」が本年度で最終年度となることから、 3年間の集大成として、これまで学生が地域や企業と協働しながら行ってきた活動及び成果の発表を行い、地域・企業が大学と関わるメリットを認知してもらい、今後の学生の学びと地域・企業との地域創生の活動をさらに充実させることを目的としています。

    シンポジウムでは、学生2名による活動を通して学んだこと、感じたこと、伝えたいことのメッセージから始まり、第1部では、各校より事業の成果発表が行われました。第2部では、活動の成果・大分地域創生のため今後の活動、それぞれの役割などについてトークセッションが行われました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ