SIPシンポジウム最終報告会のご案内〜近未来の社会を支えるインフラ維持管理技術の最前線〜

HOME > SIPシンポジウム最終報告会のご案内〜近未来の社会を支えるインフラ維持管理技術の最前線〜

  • 開催日 : 2019/03/22()
  • 開催場所 : 鳥取大学工学部K棟2F 講堂(鳥取県鳥取市湖山町南4−101)

SIPシンポジウム最終報告会のご案内〜近未来の社会を支えるインフラ維持管理技術の最前線〜

 3月22日(金)に鳥取大学工学部にて、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)シンポジウム最終報告会「近未来の社会を支えるインフラ維持管理技術の最前線」を開催します。
 道路や橋梁などのインフラは老朽化が進む一方で、その維持管理の担い手が減少しています。この事態を打破するために、ICTや人工知能、ロボットなどの先端技術を用いた維持管理の技術開発が進んでいます。本シンポジウムでは、これまでに行なわれた鳥取大学SIP事業の取り組みを紹介し、鳥取県における技術の活用可能性や今後の展開を皆さんに考えていただく契機にすることを目的として開催します。


チラシ(PDFファイル:818KB)



Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

その理由:
お探しの情報はみつけやすかったですか?

その理由:
▲ページのトップへ