学生と社会人がごちゃまぜになって「地域づくり×生きる意味」を対話する

HOME > 学生と社会人がごちゃまぜになって「地域づくり×生きる意味」を対話する


    宇都宮大学

    学生と社会人がごちゃまぜになって「地域づくり×生きる意味」を対話する

    2月13日、宇都宮大学UUプラザにて今年で3回目となる「対話と思考の場」を開催しました。もちろん、ゲストとして今回も西村佳哲さん、山口覚さん、廣瀬俊介さんを迎え、大学生、社会人、地域おこし協力隊など多様な方々が集い、対話の時間が始まりました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ