留学生を対象とした下市町企業見学研修を実施しました

HOME > 留学生を対象とした下市町企業見学研修を実施しました


    奈良女子大学

    留学生を対象とした下市町企業見学研修を実施しました

    令和元年8月8日(木)、COC+事業協働機関である下市町の協力を得て、留学生を対象とした町の伝統産業である割り箸作り体験や、奈良県南部の主要産業である材木の加工販売を行う企業見学研修を実施しました。
     当日参加した留学生は15名で、吉野杉箸「工房きえん」では、吉野杉のまっすぐで美しい柾目を生かし、丁寧に仕上げた割箸が東京の料亭やレストランを中心に利用されていることなどを学ぶとともに、工房の代表を務める箸職人の手ほどきを受けながら、留学生自らが割り箸作りを体験しました。また、吉野銘木製造販売株式会社では、「吉野杉」に関する様々な事業に取り組んでおられ、将来の森林資源の確保・環境保全のため、一本一本の木を大切に育てられていることを学びました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ