「県内4大学による大学研究紹介パネル展」開催(於鳥取県立倉吉総合産業高等学校)

HOME > 「県内4大学による大学研究紹介パネル展」開催(於鳥取県立倉吉総合産業高等学校)


    鳥取大学

    「県内4大学による大学研究紹介パネル展」開催(於鳥取県立倉吉総合産業高等学校)

    鳥取県内の4大学による「大学研究紹介パネル展」を今年度もパネル内容を充実させ、各高等学校で開催しています。COC+事業は、学生の地元定着のため様々な施策を試み、県内就職率の向上を図るものですが、地元へ定着するする県内大学生の約7割が、県内の高校からの進学者であり、県内高校から県内高等教育機関への進学者を増やすことが重要です。また、高校生達にとって大学入学後にどのような世界が自分達を待っているのか、大学で学ぶ学問や研究がどう世の中に役立っているのか等々、大学での夢や進学のきっかけ作りにパネル展を活用いただきたいとの趣旨で開催しています。

    今回、同パネル展を鳥取県立倉吉総合産業高等学校で開催(9月24日〜10月8日)しました。



    学生の声

     

    <高校生からの感想>

    ・過回転を防止することに簡単で壊れにくいような構造にするために、いろいろな事を試しておられて凄いと思った。
    ・自分が一番興味を持ったのは、鳥取短期大学の国際文化交流学科で、いろんな国の人と交流することで他国との違いや共感が分かり、絆が深まりとても良いと思いました。
    ・電気について詳しくかかれていて良かったと同時に、詳しすぎて良く分からないところもあった。
    ・大学ではテーマに分かれて学生が勉強いていることが分かりました。




    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ