「しまね大交流会2019」を開催しました。

HOME > 「しまね大交流会2019」を開催しました。


    島根大学

    「しまね大交流会2019」を開催しました。

    「学び」「魅力発信」「イノベーション」の3つを目的に、今年で5回目となる「しまね大交流会2019」が、11月16日(土)松江市のくにびきメッセにて開催されました。 この大交流会は、学生・生徒の地元への就職・進学の幅を広げ、地域への若年層の定着を図るキャリア教育の一環として、高等教育機関、行政、経済団体などでつくる実行委員会と島根大学が主催したものです。
    しまね大交流会2019には島根・鳥取の企業・団体・大学研究室等の200以上のブースが出展しました。当日は、過去最大の学生・生徒約1700名を含む約2800名の来場者があり、会場は若者と大人の交流で熱気に包まれていました。



    学生の声

    貴重な体験ができた。

    学生・生徒からは、「今まで気づかなかった魅力ある企業に気づくことができたので、インターンシップに参加したいという意欲がわきました」、「普段企業のお話を聞く機会がないので、貴重な体験ができた。あまり就職先がないイメージだったけど、山陰にもいろいろな企業があることがわかった」、「これから社会に出ていく中で、自分には足りないものや、考え方など多くの発見があった」といった声がありました。




    当日の様子 当日の様子

    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ