令和元年度「御坊まち活ゼミナール+」学生が中心となり市民の方と楽しく防災ワークショップ!

HOME > 令和元年度「御坊まち活ゼミナール+」学生が中心となり市民の方と楽しく防災ワークショップ!


    大阪市立大学(代表校:和歌山大学)

    令和元年度「御坊まち活ゼミナール+」学生が中心となり市民の方と楽しく防災ワークショップ!

    2019年12月8日(日)、紀の国大学の3校(大阪市立大学、和歌山大学、和歌山工業高等専門学校)と御坊市が協働で、住民の方に対して「楽しく学びながら防災を学ぼう」をテーマに、オークワロマンシティ御坊店でワークショップを行いました。
    ワークショップ終了後は、全体の振り返り会を行いました。学生が各自の感想を発表し、教員、職員、御坊市職員からの講評をいただきました。
    今後、市を中心として、今まで培った「コミュニティ防災」活動を住民へ浸透させ、持続可能な住みつづけられるまちづくり(SDGs NO.11「住み続けられるまちづくり」)の一旦になればと考えます。



    学生の声

    社会に貢献できてよかった

    ・津波避難タワーは見たことはあるが、実際上ってみて体験できたことが貴重な体験となり、また午後のワークショップでは、伝えることの大切さを学びました。
    ・御坊市と大阪を比較して、それぞれの特長を知れ、他にない学習でした。また午後のワークショップは、集客に苦労しましたが、市民の方が、防災についてどのように考えられているかを聞く機会を設けていただき、生の声を聴くことができ感動しました。私たちの活動が少しでも社会に貢献できてよかったです。
    ・今回、私たちも学んだことを残していくのと、住民の方で防災への気づきを持たれた方の輪が広がっていくことを期待したいです。




    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ