秋田大学

HOME > 秋田大学

超高齢・人口減社会における若者の地元定着の促進と若者の育成

秋田大学

 平成27年度地(知)の拠点大学による地方創生推進事業で採択された「超高齢・人口減社会における若者の地元定着の促進と若者の育成」は、18歳人口が減少に転ずる2018年問題及び若者が大学入学や就職のため首都圏に移り住むことによる若年層の転出超過という県の課題に対応する事業である。
 これまでともすれば、それぞれの機関がバラバラに行っていた大学生の地元秋田への就職について、事業協働機関として事業参画している3大学、県、経済団体、企業等の長で構成する「秋田創生COC+協議会」の進捗管理の下、第1の柱として「6大学連携による『秋田おらほ学』の展開」、第2の柱として「3大学と地元企業群による若者定着の促進」、そして第3の柱として「ふるさと秋田の魅力形成モデルづくり」という3つの事業に取り組むこととしている。
この事業により、地域アイデンティティーを持つ学生の育成や大学と地元企業群による就業支援等の取組を進め、5年間で学生の地元就職率10%アップを図ろうとするものである。



大学パンフレット

秋田大学COC+事業リーフレット(PDF:2.55MB)



大学名 秋田大学
担当部署 地(知)の拠点推進本部
住所 〒010-8502 秋田県秋田市手形学園町 1番1号
電話番号 018-889-3246
FAX番号 018-889-3168
参加大学 秋田県立大学秋田工業高等専門学校
参加自治体 秋田県
参加企業 秋田商工会議所、秋田県商工会連合会、秋田県中小企業団体中央会、秋田県ふるさと定住機構、秋田銀行 他
このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

その理由:
お探しの情報はみつけやすかったですか?

その理由:
▲ページのトップへ