金沢大学

HOME > 金沢大学

金沢・加賀・能登で地域思考型教育による夢と志を持つ人材養成

金沢大学

 金沢大学は,自治体との先駆的連携枠組みを活用し,夢と志を持って石川県に定住し,地域(金沢,加賀,能登)リーダーとなる人材養成を実施する。
 これは,学生が人生において地方に住む動機付けに焦点を当て,学生が当該地域(石川県)で生きていく意義に考えや思いを巡らせ結論を出すプロセス(思考)を通じ,学生が夢と志を持って生き抜く決意を見出すため,次の3つの柱からなる「地域思考型教育」を実施し,地域を担うリーダーを養成する。
1)地域創生概論:石川県内全学生を対象にしたICT教育カリキュラムの開発・実施
2)共創インターンシップ:石川県に住む意義を明確にする学生ライフキャリアデザイン開発と連携した企業インターンシップの実施
3)夢のある起業モデル構築:各大学の学生と自治体が連携した若者に夢のある起業モデルの場の構築
 以上により,石川県をフィールドにして,夢のある若者の地域定着のモデルを目指す。



大学パンフレット

いしかわで学ぶ未来可能性(PDF:282KB)

共創インターンシップ(PDF:416KB)

いしかわ未来アカデミー(PDF:1.58MB)



成果報告書(年報)

report(PDF:80KB)



大学名 金沢大学
担当部署 総務部地域連携推進室
住所 〒920-119 石川県金沢市角間町
参加大学 金城大学金沢学院大学金沢工業大学金沢星稜大学石川県立看護大学石川県立大学北陸大学
参加自治体 石川県、石川県金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、白山市、能美 市、野々市市、穴水町、能登町
参加企業 北陸銀行、北國銀行、小松製作所(コマツ粟津工場)、PFU、大学コンソーシアム石川 他
このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

その理由:
お探しの情報はみつけやすかったですか?

その理由:
▲ページのトップへ