4学部合同1228名が参加する「地域と大学」がスタートしました。

HOME > 4学部合同1228名が参加する「地域と大学」がスタートしました。


    杏林大学1

    杏林大学

    4学部合同1228名が参加する「地域と大学」がスタートしました。

    平成29年度の医学部、保健学部、総合政策学部、外国語学部4学部合同による必修科目「地域と大学」授業が始まりました。学生は、地(知)の拠点整備事業としての杏林CCRCの概念や、地域における大学の役割、地域の諸課題、地域での学び方などについての基礎を講義とグループワークを通して主体的に学びます。4月21日に実施したConsensus Game,任4学部混成のグループを作り、テーマに沿ったグループワークを展開しました。


    杏林大学2

    学生の声

    学部を超えた授業に参加した学生からは「他学部の新しい友人と知り合いになれて良かった」「考え方の違いに最初は戸惑いましたが、話し合う中で意思の疎通ができたことが嬉しかった」など、キャンパスライフへの期待を膨らませていました。




    ▲ページのトップへ