COC+シンポジウム 地域歴史遺産としての「営みの記憶」

HOME > COC+シンポジウム 地域歴史遺産としての「営みの記憶」

  • 開催日 : 2017/07/22
  • 開催場所 : 園田学園女子大学 3号館2階 AVホール

COC+シンポジウム 地域歴史遺産としての「営みの記憶」

COC+シンポジウム 地域歴史遺産としての「営みの記憶」

―災害復興の現場から―

地域で蓄積された歴史や文化は、土地で暮らす人々の「営みの記憶」を継承するための重要な資産である。その資産がおおきく失われた大災害のあと、歴史学・民俗学は被災地にどのように向きあってきたのか。今回のシンポジウムでは東日本大震災の被災地で地域歴史遺産の保全に携わってきた3名の研究者から復興への歩みを報告いただく。災害復興を起点に、地域歴史遺産が「営みの記憶」継承に果たす役割を考えていきたい。


地域歴史遺産としての「営みの記憶」(PDFファイル:1.42MB)



Adobe Reader

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


▲ページのトップへ