「四日市公害と環境未来館」で合同学外実習

HOME > 「四日市公害と環境未来館」で合同学外実習


    「四日市公害と環境未来館」で合同学外実習

    四日市大学

    「四日市公害と環境未来館」で合同学外実習

     2017年6月3日(土)、新たな学部横断型合同学外実習が「四日市公害と環境未来館」で行われました。環境情報学部と総合政策学部の学生39名が参加し、四日市公害の歴史と教訓について、展示物や語り部の方を通じて、学びを深めました。
     全員でガイダンスビデオを鑑賞し、その後、職員の解説つきで展示をじっくり見てまわったり、語り部の方の講話を聴いたりしました。



    学生の声

    語り部の話を聞いた学生は「(講義で学んだ四日市公害の被害者について)授業で配られた紙ではなく、理解できたことが非常に良かった」とのことで、講義で学んだ知識をより深められた様子がうかがわれました。




    ▲ページのトップへ