発達障がい児とその家族を対象とした余暇活動支援―第4回きらめきハッピーキャンプの実施―

HOME > 発達障がい児とその家族を対象とした余暇活動支援―第4回きらめきハッピーキャンプの実施―


    杏林大学

    発達障がい児とその家族を対象とした余暇活動支援―第4回きらめきハッピーキャンプの実施―

    平成29年8月11日から12日に埼玉県秩父市中津川渓谷にて、発達障がい児とその家族への野外活動支援「きらめきハッピーキャンプ」を実施しました。本活動は平成26年から継続して行っており今年度で4回目となりました。参加者は保健学部と外国語学部の学生20名、教員6名、対象のご家族21名の総勢47名です。
     活動内容は清流での魚つかみ、川遊び、学生企画のレクレーションを行い、保護者の方々へはリフレッシュ法の講話、健康チェックなどを行いました。透き通る川の水と山々に囲まれ、子どもたちは歓声を上げながら伸び伸びと楽しい時を過ごすことができました。学生は野外活動支援の企画から実施までを体験するとともに、発達障がいの子どもたちとの交流や保護者から話を聞くことで対象理解が進み、充実した時間を得ることができました。


    ▲ページのトップへ