平成29年度『青梅・羽村ピースメッセンジャー』に参加

HOME > 平成29年度『青梅・羽村ピースメッセンジャー』に参加


    1

    杏林大学

    平成29年度『青梅・羽村ピースメッセンジャー』に参加

    8月4日(金)〜6日(日)総合政策学部と外国語学部の学生2名が、青梅市・羽村市の中学生のリーダーとして活動してきました。
     事前活動として作文の提出、事前研修を数回受けての出発となりました。現地では広島平和資料館の見学や平和祈念式典に参加、被爆者から体験談を聞くなど、平和の大切さを心で感じ取る活動ができました。帰京後の8月11日(金)と15日(火)に事後研修、8月20日(日)には平和をテーマにしたワークショップと報告会が行われました。



    学生の声

    この事業を通して、中学生と共に平和学習を体験し改めて戦争の悲惨さを学びました。
    教科書で学ぶ内容を基礎に実際に目で見て肌で感じた事がとても良かったと思います。こうした活動を自分達の世代が多く経験できると、更に一人一人が平和への思いに近づけると思いました。自分の将来へ向けて、大きく飛躍できる有意義な支援活動となりました。(総合政策学部:田嶋克侑さん)
    最初は「リーダー」という言葉に不安もありましたが、同じ立場の大学生、市の職員の方々や指導員の先生方の温かな支援に支えられながら、楽しく無事に研修を終えることができました。エントリーを迷った時もありましたが、進んで参加して本当に良かったと思いました。またこのような機会があったら後輩などに勧めたいと思います。(外国語学部:佐藤智子さん)



    ▲ページのトップへ