情報誌「みたから4号」発刊!取材・写真撮影で学生が健闘しました。

HOME > 情報誌「みたから4号」発刊!取材・写真撮影で学生が健闘しました。


    1

    杏林大学

    情報誌「みたから4号」発刊!取材・写真撮影で学生が健闘しました。

     アトレヴィ三鷹との協業事業である地域情報誌『みたから4号』が発刊されました。
     写真部15名が商品撮影に初めて挑戦し、「アトレヴィ三鷹活用術」4ページを担当しました。プロのカメラマンにアドバイスをもらいながら、商品の組み合せや場面設定などの企画、小道具の用意、当日のセッティング、撮影までを担当しました。撮影は10時間を超える長丁場となりましたが、みんなで取り組みました。
     取材企画では総合政策学部の進邦ゼミ生が三鷹市内の社会福祉施設である、社会福祉法人 むうぷ舎と社会福祉法人 朝陽学園を訪問し、地域での社会貢献活動を取材しました。どちらも暖かく取材を受け入れて頂き、和やかな中で取材を終えることができました。
     またエリア情報として、JR東日本八王子支社と杏林大学外国語学部・志村良浩ゼミナールが協働して作成した「学生が考えた駅からハイキング」のプログラムのお知らせも掲載されております。


    ▲ページのトップへ