鳥取大学、地元定着支援へ COC+セミナー「鳥取未来トーク」を開催しました

HOME > 鳥取大学、地元定着支援へ COC+セミナー「鳥取未来トーク」を開催しました


    1

    鳥取大学

    鳥取大学、地元定着支援へ COC+セミナー「鳥取未来トーク」を開催しました

     鳥取大学地(知)の拠点大学による地方創生推進室では、学生の県内就職も視野に入れた就職先の選定や、就職後のキャリア形成等に役立てることを目的にCOC+セミナー「鳥取未来トーク」を開催しています。
     11月20日(月)は、地元の教育界、産業界、金融界でリーダーとして活躍されている3名を講師としてお招きし、「鳥取を元気に!鳥取の魅力と底力〜小さくてもオンリーワンからナンバーワンへ〜」をテーマに講演をしていただきました。大学生を始め、高校生、教職員、一般の方々など、約130名が参加しました。
     講師のお一人、マルサンアイ鳥取株式会社代表取締役社長の兼子明氏は、「魅力いっぱいの鳥取で働く場を!鳥取の力強さを全国にアピールしよう」と題して、県外から鳥取市の誘致により新会社を設立したことで見えた鳥取の魅力について説明され、オンリーワンからナンバーワンになる可能性はどこにでもあると話をされました。
     学生にとっては鳥取の持つ潜在的な力を再度確認し、キャリア形成の参考となる大変良い機会となりました。



    学生の声

    兼子社長の話し方、考え方には鳥取の良さを実感し肯定していることが表れていて、自然と県内就職を視野に入れてはどうかと考えました。鳥取で長く働いて欲しいからこそ、安心して働ける工場であることを目標の一つに掲げられているのは、社員の方々にとっても、これからマルサンアイ鳥取への就職を目指す学生にとっても信頼できるポイントだと思いました。就職活動する時は、業務内容や給与面は当たり前の基準ですが、信頼できるかどうか、理念に自らが納得できるかどうかも基準にしたいと思います。(地域学部 女子学生)



    ▲ページのトップへ