COCの成果

HOME > COCの成果

全国シンポジウム アンケート結果

 

(1)全国ネットワーク事業  平成28年度COC/COC+全国シンポジウム

『地方創生と大学』 日程:平成29年3月6日(月)〜7日(火)

 本シンポジウムは、文部科学省が進める「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC/COC+)」の一環として、平成25年度から高知大学がとりまとめ校として毎年開催してきました。1回目は東京開催、2〜4回目は高知県で開催しております。
 本年度のシンポジウムは、3月6日〜7日「全国ネットワーク事業 平成28年度COC/COC+全国シンポジウム『地方創生と大学』」を高知市内で開催し、全国の大学や自治体関係者435人が参加しました。全国で地方創生に取り組む大学等が集結し、各地の取り組みの情報共有と課題解決に向けた意見交換が行われ、大学の地域貢献活動の全国的な底上げが図られました。
 シンポジウム初日【第一部】は、脇口宏学長の主催者挨拶、尾崎正直高知県知事の開催地挨拶(代読)、文部科学省松尾泰樹大臣官房審議官(高等教育局担当)の挨拶に続き、前地方創生担当大臣の石破茂衆議院議員から特別講演として全国的な地方創生の流れや国の動きが述べられました。石破氏は全国各地や高知県内の出生率、平均初婚年齢などに触れたうえで、「これから東京は超高齢化社会に直面する。地方創生はその東京の負荷を分担する意味でも重要」、そして「地方の経済指標を分析、研究する必要があること」を指摘され、「いつの時代も国を変えるのは地方の力だ」と強調されました。
 また、産業界の立場から株式会社小松製作所相談役の坂根正弘氏には、デフレ脱却と地方創生に関する基調講演をいただきました。坂根氏は、東京一極集中を是正するために自社が取り組んでいる地方創生事例を紹介するとともに、「どんな産業も技術開発とマーケティングがなければ絶対成長しないし、若者がチャレンジしたいという気にはならない」と述べられました。
 その後に行われた基調討論では、社会技術研究開発センター、高知県産業振興センター、(株)Nextremerからパネリストをお招きし、「先進技術と地方創生」をテーマに議論が行われました。地域課題を解決する手段として現在最も期待される先進技術の社会実装を通じた雇用創出及び求められる人材育成の重要性が認識されました。さらに、26機関によるポスターセッションも開催され、多くの関係者が展示内容について興味を示されました。
 また、2日目【第2部】には、高知大学を含む4つの実施期間(富山県立大学、宮崎大学、岐阜大学、高知大学)による事例報告やランチョンミーティング、COC+コーディネーター会議が行われ、事業成果の情報共有を図るなど全国ネットワーク化事業の今後の発展を強く感じられる内容となりました。
 2日間を通して、地方創生に対して高等教育機関である大学が果たす役割を考えるとともに、全国各地で実践されている優れた取組が共有され、大変有意義なシンポジウムとなったことをご報告いたします。



シンポジウムの開催
チラシはこちら↓

全国シンポジウム(PDF:700KB)

【第1部】 36日(月)

●特別講演「地方から創生する我が国の未来」 
        衆議院議員(前地方創生担当大臣) 石破 茂 氏

●基調講演「日本の課題−デフレ脱却と地方創生−(コマツは日本の縮図)」
      株式会社小松製作所 相談役 坂根 正弘 氏

●基調討論「先進技術と地方創生」
ファシリテーター:高知大学副学長、地方連携推進センター長 受田 浩之

パネリスト
・社会技術研究開発センター センター長 岩瀬 公一 氏

・高知県産業振興センター(ものづくり地産地消・外商センター) 技術統括 渡部 正二 氏

・株式会社Nextremer 代表取締役CEO 向井 永浩 氏
     
●ポスターセッション

●情報交換会

石破氏講演 小松製作所
基調討論 情報交換会(2)

【写真】
(左上)石破茂衆議院議員による特別講演
(右上)坂根正弘氏による基調講演
(左下)パネリスト3名による基調討論
(右下)情報交換会

【第2部】 37日(火)

事例報告 「COC事業の成果について」

・富山県立大学【学生が主体の富山県立大学COC事業「工学心」で地域とつながる「地域協働型大学」の構築】 

・宮崎大学【大学COC事業から地域を志向する新学部設置へ】

・岐阜大学【「ぎふ清流の国、地×知の拠点創成:地域にとけこむ大学」岐阜大学地域協学センターの取組みについて】

・高知大学【高知大学におけるCOCの成果〜UBCの機能と役割〜】 

富山県立大学 宮崎大学 岐阜大学 高知大学

【写真】[事例報告]
(左上) 富山県立大学
地域協働支援室 COC統括コーディネーター 名誉教授 奥田 實 氏

(右上) 宮崎大学 副学長(産学・地域連携担当)兼
みやだいCOC推進室長 國武 久登 氏

(左下) 岐阜大学
地域協学センター特任助教 塚本 明日香 氏

(右下) 高知大学 地域連携推進センター 地域コーディネーター
赤池 慎吾、大崎 優、岡村 健志、梶 英樹

【第1部・2部】の詳細はこちら↓(※第1部P 9〜P29 第2部P31〜P42)

平成28年度COC/COC+全国シンポジウム報告書(PDF:4.44MB)

COC/COC+ランチョンミーティング

 全国の大学等がCOC/COC+事業を実施する中で発展的に事業が推進されていますが、一方でその過程において各大学が直面する課題も散見されます。 
 このランチョンミーティングではCOC/COC+実務者が抱える悩みについて、自由に意見交換することを目的としています。立食形式でテーブルごとにテーマを設定し、参加者が自由に希望のテーブルを行き来し議論がなされました。

【テーマ】・「学生の地元定着」
     ・「地域における雇用創出」
     ・「COC事業の補助期間終了後の継続」
     ・「学生の地域活動(正課・課外)」
     ・「地域におけるCOC/COC+を通じた産学連携」

ランチョンミーティング(1) ランチョンミーティング(2)

【写真】ランチョンミーティング (高知商工会館 「寿の間」)

【ランチョンミーティング】の詳細はこちら↓

ランチョンミーティング報告集(PDF:534KB)







(2)COC成果に関するアンケート結果

  • アンケート調査とは…地(知)の拠点整備事業において、文部科学省が事業のフォローアップの一つとして、毎年度、各大学等(学生、教職員、連携自治体)に対して実施するアンケート調査

地(知)の拠点整備事業(COC)の実施による意識・行動・連携の変化 (平成25年度〜平成27年度)

アンケート結果

経年変化

COC実施機関の変化(PDF:217KB)

COC実施機関への変化(PDF:308KB)

統一指標のアンケート項目










▲ページのトップへ