杏林大学

HOME > 杏林大学

新しい都市型高齢社会における地域と大学の統合知の拠点

連携三自治体は退職した団塊世代を多く抱え、多様な課題に直面している。本事業は、良医を育成する医学部、健康づくりをはじめとして助産から高齢者リハビリテーション・生活支援までを扱う保健学部、社会問題に学際的視点で取り組む総合政策学部、創造的なコミュニケーションのプロを育成する外国語学部の教育研究資源を動員し、包括的地域連携を推進する杏林CCRC(Center for Comprehensive Regional Collaboration)を構築するものであり、問題解決力を有する学生を育成するとともに新しい都市型高齢社会の姿を模索していく。



大学パンフレット

新しい都市型高齢社会における地域と大学の統合知の拠点(PDF:4.57MB)



成果報告書(年報)

平成28年度地(知)の拠点整備事業成果報告書・地域交流活動報告書(PDF:3.5MB)



大学名 杏林大学
担当部署 地域交流課
住所 〒181-8612 東京都三鷹市下連雀5-4-1
電話番号 0422-47-8052
連携自治体 東京都三鷹市、八王子市、羽村市
お問い合わせはこちら
▲ページのトップへ