くらしき作陽大学

HOME > くらしき作陽大学

文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業

くらしき作陽大学

本事業は、2大学が倉敷市とともにまちづくりビジョンを共有し、学長のリーダーシップのもと取り組む教育・研究・社会貢献の三位一体改革である。連携・協働の意義は、目標の共有と相互補完による事業の発展、相互評価による教育の質保証、地方小規模大学におけるガバナンス改革のモデルを示すことにある。
具体的には、系統化した3段階の地域貢献科目を正規の教育課程に位置付けて地域貢献活動を展開し、これらの活動を、地域ニーズにあわせた「倉敷アートスタート研究」、「五感力育成研究」、「備災・減災力育成研究」の3つの研究プロジェクトと連動させて地(知)の拠点機能の向上を図る。社会貢献の成果は「倉敷みらい講座」で公表し、「若衆・町衆フォーラム」で評価する「くらしき若衆認定制度」を発足させ、地域人材「くらしき若衆」育成プログラムを構築し、倉敷市のQOC(コミュニティの質)を高めるとともに若者の定住化を促進する。



大学パンフレット

文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業(PDF:7.59MB)



大学名 くらしき作陽大学
担当部署 COC事務局
住所 〒710-0292 岡山県倉敷市玉島長尾3515
電話番号 086-436-0172
FAX番号 086-436-0172
連携自治体 岡山県倉敷市
お問い合わせはこちら
▲ページのトップへ